【ACA】ベーシックコース(アートキャンドル協会認定)

ACA認定ベーシックコース
(全4回 39960円 テキスト&オリジナルシリコン型3種類 付き)

キャンドルを学ぶのは初めてという方のためのコースです。もちろん初めての方だけでなく、キャンドルは作っているけどロウという素材についてしっかり学びたい方という方にもおすすめのコースです。
キャンドル作りに不可欠なロウという素材の特徴や融点や作業温度、色の付け方、芯の選び方など、キャンドル作りの基本をしっかりと学びます。また、キャンドルは火をともして使用するという点で、安全なキャンドルを作るという点はとても大切です。
ワックスの種類や色付け、夏と冬などで選ぶ芯は違ってくるとか、容器の選び方、素材によっての収縮の違い、販売時の注意点なども学べます。
----------------☆

ベーシック①基礎知識とグラス3つ(所要時間2時間)

ロウの素材と特徴、溶かし方、色付けなど基本を学びます。パラフィン、ソイワックス、ジェルを使ったグラスキャンドルを作ります。 香りの特徴、黒煙のこと、夏と冬で溶け方の違い、芯の違い、容器の選び方、素材によっての収縮の違いなどや、販売時の注意点、保険、配送時の箱選びなどもここで学びます。

②ワックスサシェ3つ(所要時間1時間半)

香りがたくさん入った、フレグランス用。灯すことはできませんがソイとミツロウをブレンドして作ります。花を入れるタイミング、グラスとは違うソイワックスの選び方。
3種類のシリコン型つきなので、ご自宅でも同じものがたくさん作れます。

③円錐と球体のモールドキャンドル(所要時間2時間)

円錐(ドットとグラデーション)と球体のモールドキャンドル。
温度によって溶けたり、素材によっては気泡が入ったり、部屋の温度などでも状態が変わってくるのがキャンドル作りの奥深さです。そういったことを説明しながら作っていきます。

④ボタニカル、ストライプ(所要時間2時間半)

流行りのボタニカルキャンドルは火事も多いキャンドルです。細めの芯を選んでも風で円形に溶けず、燃え移ってしまうことも。可愛いだけでなく、安全なキャンドルを作るのはキャンドル作家の必須事項です。ここでは安全なキャンドルを作る知識やボタニカルならではの気泡の解消方法、失敗しないストライプの方法などを学びます。

----------------☆

PAGE TOP