クロマニョンおじさん

バラの図鑑はきれいなバラの写真も楽しいですが、名前をたどるのも楽しい。
写真のバラはピース。
第二次世界大戦末期に平和への願いを込めてつけられた名前だそうです。
クリームイエローの剣弁咲きで先端だけがほんのりピンク。
イエローベースでどうしてここでオレンジや白ではなくピンク?って変なところで感心してしまいます。笑
平和な日常が早く戻ってきますように♡
そんな願いを込めてピースを灯してみました。
徐々に溶けていく儚い姿と裏腹に何か力強さを感じます☆

今は簡単に火を灯せてしまう時代だけど、太古の昔は火をおこすのも一苦労だったに違いなく。
ひとつの火を仲間と分け合って大切に繋げていたのでしょうね^^
繋げた火で魚を焼いたり、暖をとったり、火を囲んで家族団らんをしていたことでしょう・・・。
そしていつの時代も平和は人類の願い。
そんなことを考えると2万年前のクロマニョン人だって身近な”近所のおじさん”ぐらいに思えてしまう。笑

PAGE TOP