2月だけ短いのはどうして?チョコのキャンドルを灯しながら

2月といえばバレンタイン!寒い日や疲れたときはチョコレートが恋しくなりますね!
今回はチョコ系ケーキのオペラとガトーショコラをどうぞ💕

さて、日常使っているカレンダー、月によって30日だったり31日だったり。
しかもどうして2月だけは28日ってどういうこと?って思ったことはありませんか?
実はこれにはローマ時代のこの二人が関係しているんだそうですよ。

☆—————-☆

現在の太陽暦(ユリウス暦)を定めたローマの政治家ユリウス・カエサルは当初、種まきなどの農耕が始まる3月を1年の最初の月と定められました。
365日を3月から31日の月と30日の月を順に割り振って行くと最後の月(つまり2月)は29日になります。2月は最後の月だったので、帳尻合わせでほかの月より日数が少なくなったそうです。
あれ?28日じゃないの?ですよね。
実はその話には続きがあります。
カエサルの息子であるアウグストゥスは8月生まれ。(彼の名をとって8月はAugustですね。)
自分の誕生月が30日なのが嫌で、なんと・・・!
2月から1日とってきたのです。
そして、7、8、9月と31日が続くので9月を30日に変更したそうです。
なるほどね~。
月ごとに、31日だったり30日だったり28日だったり。
実はこんな風に決められていたのですね・・・。
『カエサルくんとカレンダー 』(福音館の科学シリーズ)に小学生にもわかりやすく書いてありますよ。ご興味のある方はぜひ読んでみてください。

PAGE TOP